大学受験コース(高校1年生~高卒生)

※目標校:
東京大をはじめとする難関国公立大及び早慶上智・GMARCHなど難関私立大学

今大学入試は異常事態が起こっています(本当に想像以上に合格しづらいです!)
しかし、塾長指導生は驚異的な成績向上と合格実績を残しています!!

●高1~3生・高卒生

予備校・塾の教室があなた一人のものになります!いよいよ来年度入試より新入試(大学入試共通テスト)が始まります。中学生同様、やはり「現代文」は後回しの教科になっているのではありませんか?中には「現代文」は「勘」でマークすれば何とかなるって思ってはいませんか?答えは「ノー」です。何とかなるものでしたら、全員GMARCH・関関同立大以上の難関校に合格できているはずです。現実はそう簡単には難関大には合格は出来ません

まずは旧センター試験レベルの問題にて、すべての問題に通用する独自のテクニックを使って対策を行い、その後、国公立の二次試験及び私立大学の一般入試の傾向を分析し対策をしていきます。予備校講師暦25年のベテラン講師が必ずあなたを合格に導いてあげましょう。

また2021年度から「大学入試共通テスト」へと変わりますが、その詳細は未だ未定でございます。しかし、本物の力を身につけていれば、たとえどのように方向に変化しようと、どのような問題にも対応することが可能でございます。

また記述式の問題でございますが、記述力(論述力)は一長一短すぐに身につくものではありません。また、記述力のある生徒は、より高度な読解力を養成することが可能でございます。弊塾では国公立はもちろん、上位大を受験する生徒には、記述(論述)問題対策ときめ細やかな答案添削指導を行っています。ライブ授業の予備校や塾ではなかなか個人に合わせたきめ細やかな記述指導や採点は行われていません。もちろん映像授業では記述採点はしてもらえません。独自のカリキュラムと1人1人にあった添削指導を行ってまいります。

今大学入試では異常事態が生じています!!

今年度入試において、模擬試験でA・B判定であっても不合格になってしまった生徒さんが今まで以上に多く目の当たりしました。今年度GMARCHにおいて躍進した学校が浦和高校(埼玉・公立)と浦和第一女子高校(埼玉・公立)です。では、これらの高校のレベルが上がったのかといいますと、浦和高校は東京大学を、浦和第一女子高校は早慶上智を本来多数輩出する学校です。そのような学校の生徒がGMARCHまで受験し、合格者を多数輩出するようになっています。

大学入試を目指すあなた(君)へ

何度も言います。「大学入試はそんなに甘く合格出来るものではありません!!」 余程のこと(それは想像を遙かに超える努力)がない限り、低偏差値からの「逆転合格」は起こりません。そのことに気づいてください。偏差値40台であっても、偏差値60超えを果たし、MARCH大に合格した生徒もいますが、それは私の教授だけでなく、彼、彼女らはそれ相当の努力をしています。何もしない、普通にするだけ、楽(らく)して合格したいと思っている諸君、ハッキリ言います。〈あなたの高校の偏差値=合格(MAX)可能な大学の偏差値〉です。だから、偏差値55の高校でフツーに勉強しただけの生徒は、MAX「日東駒専」に合格出来たら万々歳です。さらにその上GMARCHに合格するためには、あと偏差値5以上伸ばすための相当の「努力」をしていかなければなりません(この「偏差値5」を伸ばすのが、本当に難しいのです)。

ページ上部へ戻る