中学受験コース

中学受験コース(小学3年生~6年生)
目標校:開成・麻布・武蔵・桜蔭・女子学院・雙葉・筑波大付属駒場・早稲田・慶應(普)など難関上位校合格を目指します

●小学3年生~4年生
まずは国語の土台である正確に文章を「読む」ことから始めます。先生が音読し、そのあと生徒さんが音読していくことで、音読効果を身につけます。そしてどのような内容が書かれているのか板書を用いて図式化するなかで「理解」を深めてまいります。その上で「理解」したことを「まとめ」、「書く」トレーニングを徹底して行ってまいります。

この「読む」→「理解する」→「まとめる」→「書く」のトレーニングを継続していく中で、「大人の思考で理解する」ができるようになっていきます。
また、必要でありましたら漢字や語句などの「知識」力の養成の行ってまいります。

●小学5年生
小学3~4年生で学ぶ「国語の土台」が未だ身についていないのであれば、「読む」→「理解する」→「まとめる」→「書く」のトレーニングから始めていきます。土台が完成した頃合いを見計らって、5年生の間に中堅の中学校の入試問題に取りかかり、今度は得点に結びつく実践的な「解答法」を学んでまいります。

●小学6年生
より実践的な「読解法」と「解答法」を学んでいきます。これは大学入試にも通用する方法論であり、普段小学生しか教えていない塾の先生には教えられないものです。多くの塾では小学6年生になるとより多くの問題を解かせようといたしますが、中身が正しく理解されていないとそれは成績アップにはつながりません。1つの問題を深く丁寧に理解し、その上での実践力としての問題量があるのです。

ページ上部へ戻る